かまくらに光のページェント 日光市の湯西川温泉


日光市湯西川温泉で恒例の「光輝く氷のぼんぼりとかまくら祭」が行われ、光のページェントに包まれた温泉街のかまくらの幻想的な姿が、観光客の人気を呼んでいる。

 このかまくら(高さ4メートル、直径3メートル)は、温泉街の中心に位置する市営駐車場に建設。入り口につながる道に、約120本のロウソクを並べ、夕方5時から火がともされている。

 中にはこたつが設けられたかまくらもあり、自治会の人たちが観光客に湯西川の祭りの由来などを話してくれる。

 東京から祖母と来た会社員(36)の温泉客は、「かまくらの大きさにびっくりした。中は意外に暖かいのですね」と喜んでいた。

産経新聞 - 2007年2月17日