「お茶」をテーマにした日帰り温泉施設がオープン!


ひがしせふり温泉 山茶花の湯


 佐賀県吉野ヶ里町に「お茶」がテーマの温泉施設が登場。茶の薬効を生かしたカテキン風呂などが話題を呼ぶ。

 日本に初めてお茶が伝わった場所である佐賀県北東部の東脊振に、「お茶」をテーマにした日帰り温泉施設がオープンした。

 およそ2000平方メートルの館内には内湯、露天風呂、貸切風呂、岩盤サウナなどがあり、好きなだけ温泉が楽しめる。

 内湯のカテキン風呂はお茶を入れた袋を湯船にひたしたもの。茶の薬効により体が芯からぽかぽか温まり、美肌効果が高いとはやくも評判だ。

 館内の食事処で味わえる茶ビール(580円)、ごどうふ、佐賀の郷土料理を盛り込んだ山茶花膳(1300円)もあわせて楽しみたい。

TEXT:いとう
マップルネット - 2007年2月11日